予約専用TEL 052-725-3335
TEL 052-725-3387

〒464-0096 愛知県名古屋市千種区下方町4-55

駐車場14台あります

井畑クリニック|名古屋市/千種区/耳鼻咽喉科/アレルギー科/往診/花粉症

診療案内

採用情報
epark 病院
HOME»  診療案内

みみ

耳の聴こえについて

聴こえが悪いと感じられたら、早めに診察を受けてください。
原因としては様々ありますが、予後は早い程、よい事があります。

耳鳴り

原因は様々です。耳鼻咽喉科的なものから、内科、脳外科的なもの。
また病気ではなく疲れ・ストレス・寝不足・肩こりなども原因となります。
耳鳴りは大きく自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴りに分けられます。
自覚的耳鳴りとは実際には音がしていないのに、何かが聞こえる現象のことをいいます。難聴やストレスなどが原因となりますが、生理的耳鳴りもここに含まれます。
一方他覚的耳鳴りは、外部からも聞くことのできる実際に聞こえる耳鳴りのことをいいます。原因としては筋肉の痙攣、血管病変の拍動などが知られています。

急性中耳炎

鼓膜(こまく)の内側の空間である中耳に炎症が起きた状態で、乳幼児の急性感染症の代表的なものです。子どもの耳管は大人に比べて太く短いため、生後6カ月~2歳児によく起こります。
近年、耐性(たいせい)(薬が効かない)肺炎球菌、耐性インフルエンザ菌の頻度が急増しています。そのため、中耳炎が重症化したり、長引く場合も増えてきており、最初の治療が重要となってきます。

慢性中耳炎

中耳腔に慢性炎症を起こす中耳炎です。鼓膜に孔があき、鼓膜の癒着、耳小骨連鎖の断裂により伝音難聴となりますが、病状の進行に伴い感音難聴を合併し、さらに急性増悪(ぞうあく)といって、細菌感染により年に何回か膿性の耳漏(じろう)が出現します。鼓膜所見、聴力検査、レントゲン、CTなどで診断します。

メニエール病

メニエール病は、内耳の障害によって起こる病気です。頭の位置によって生ずる頭位変換によるめまいなどと自覚症状で区別することは不可能ですので、早めに耳鼻科に受診しましょう。内リンパ液が何らかの原因で増加し、内リンパ水腫が起こると、神経が刺激され、めまいや耳鳴りが起こります。前ぶれなく、ぐるぐると回る感じのめまいで始まります。発作を繰り返すうちに、めまいが治まっても耳鳴りと難聴が続くようになります。

はな

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやダニ、花粉など体にとっては異物である抗原(アレルゲン)を鼻の粘膜から吸入することによって体の中に抗体ができ、何度か抗原を吸入しているうちに抗体が増え、やがてアレルギー症状が起こってくる病気です。アレルギー性鼻炎には、通年性アレルギー性鼻炎と季節性アレルギー性鼻炎とがあります。

花粉症

人体にとって異物である“花粉”が引き起こす鼻アレルギーを花粉症といい、現在では日本人の10人に1人が花粉症と推定されています。アレルギー反忚を起こす花粉はさまざまです。もっとも患者が多いのはスギ。ほかに、ヒノキ、カモガヤ、スズメノテッポウ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどがあります。遺伝的にIgE(免疫グロブリンE)抗体というたんぱく質をつくりやすい人が花粉症になりやすいと考えられています。

急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎は、鼻腔の周囲にある副鼻腔に急性の炎症が起こった状態です。ほとんどの場合、かぜによる鼻腔粘膜の炎症が原因です。まれに虫歯や外傷からの細菌感染が原因となることもあります。完全に治さないと慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に移行してしまうこともあります。

慢性副鼻腔炎

一般に急性副鼻腔炎が治らずに慢性化したものを慢性副鼻腔炎といいます。鼻と副鼻腔をつないでいる小さな穴が細菌感染により生じる粘膜のはれにより閉じられてしまい、副鼻腔にたまったうみが鼻腔に排泄されにくくなることが原因としてあげられます。

鼻出血

鼻出血のほとんどは、鼻中隔(鼻の中央の骨・軟骨)の前方(キーゼルバッハ部位)に出血部位があります。
鼻中隔の前方は、鼻をさわることによって傷がつきやすい場所です。また、くしゃみや咳をした時に血圧が上がり、鼻出血が起こることもあります。

のど

のどかぜ

咽頭全体が炎症を起こしている状態で、ほとんどの場合、かぜを引き起こすウイルスや細菌に感染したことが原因です。そのほか、有毒ガスや汚れた空気、薬剤を吸いこんだときなどにも起こります。

慢性咽頭炎

慢性咽頭炎では咽頭の不快感、異物感などが慢性的にあり、それに伴って咳払いも増えます。急性咽頭炎の反復、あるいは上気道や下気道からの炎症の波及、とくに副鼻腔炎(ふくびくうえん)の後鼻漏(こうびろう)(蓄膿症(ちくのうしょう)のうみが鼻からのどに垂れてくること)が原因になります。塵埃(じんあい)や刺激ガスに慢性的にさらされる職業や、のどを酷使する職業も原因になります。また、喫煙習慣による慢性喉頭炎も多くみられます。

急性扁桃炎(溶連菌感染症、扁桃病巣関せ印象)

一般的には略されて、扁桃炎や、扁桃腺炎と呼ばれる病気です。
子供~大人にもみられ、扁桃腺(口蓋扁桃・こうがいへんとう)に炎症を起こす病気です。
口をあけてのぞくと、のどちんこの横にある口蓋扁桃が赤くなってはれていたり、または扁桃表面が白色の膿でおおわれます。

口内炎

口内炎は体の抵抗力・免疫力の低下に伴い発症しやすくなります。
生活リズムを整えて、睡眠不足にならないように、そして、栄養バランスの取れた食事を摂ってください。
口内炎を出来にくくするための食事として、ビタミンB群の摂取を心がけてください。
主な物に、レバー、乳製品、玉子、魚介類、納豆があります。
また、ジャンクフードや甘い物を避けるようにしてください。
刺激物も悪化させやすいですので、熱いもの、辛いもの、醤油、塩、などを控えめにしてください。
他に、免疫力を高める食品として、玉ねぎ、にんにくがあります。
匂いが気になるという面はありますが、口内炎に限らず、体の為に是非とも毎日摂りたいものです。

味覚の異常

味覚の異常には、味覚減退・味覚消失・異味症・悪味症など、さまざまな種類があります。
神経系の疾患、クスリの副作用、心因性、亜鉛不足、栄養の偏りなどが原因として考えられます。
新陳代謝が衰える50代以上の中高年が多数でしたが、若い世代や子どもにも食生活の乱れが原因で広まっています。

補聴器

補聴器を新しく作る場合や、現在ご使用中の補聴器の再調整・適合を行ないます。
補聴器についてのご相談承ります。(隔週・要予約)

往診

クリニックにおいでになれない方、ねたきりの方、障害のある方などを対象に往診を行っています。詳しくは、お電話にてお問い合わせ下さい。

その他

  • いびき
  • めまい
  • 顔面神経麻痺
  • 首の腫れ
  • 肩こり
  • 禁煙指導
  • アレルギーを起こしている原因における診断
PageTopへ戻る